忍者ブログ
pochiの雑記帖です。思いつきで書いたり書かなかったり。
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

eiga89.jpg

というよりもともとワタシはこっちの人(←開き直った!笑
おはようございます、ぴちです(←一部の人にしかわからないHN


寝ているのは明らかなのに
わざわざ確認して一体何をするつもりなのかあにき。

寝てるどろろにムラムラっときてもいいじゃないか青春だものv



朝から様子が変ですみません。


以下追記:

◆11日にカネコにコメントくださいました御方、ありがとうございますーv
 あちらにてお返事させていただきましたので
 恐れ入りますが地下深くまでお越しくださいませ^^
PR
f4d7b5ce.jpeg

「おっさん!」
「まかせろ!」

百鬼の刀を取って向かっていこうとするどろろを
鯉口を戻して制するあにきがカッコイイ、、というより
むしろおっさんの素早さに脱帽。
3d60ad21.jpeg

もー綺麗に描く気全然なくてスマンですははは!

冒頭の酒場のシーンはいわば「つかみ」なわけで
なかなかよく練られて描かれていたと思うですよ。

きたろうさんの手相見のシーンも秀逸だし、
ここからヤシガニ戦まで
ヤサグレ百鬼のカッコよさは好きだ。

腕がロケットぱーんち!よろしくオートのように戻ってきて右腕にはまった後ろで
ヤシガニが吹っ飛ぶシーンなんて
ぶっちゃけありえねぇわけですが
コレだよ、コレ、とワクワクしちゃったもんなぁ。笑。

このシーン、酒場の用心棒をあっさり伸してしまうわけですが
用心棒の皆さんにしてみたら
舞台の踊り子さんに一直線に近づく怪しい男に向かってくのは当然だよな。

早すぎてフツーに見てるとよくわからないんですが
コマ送りにしたら
あにきが何やってんのかよくわかりました(笑。

振りかぶってきた棍棒を受け止めて腕をねじり、
もうひとりは胸をどついてふっ飛ばし、
ついでに腕捻り上げてたヤツを蹴り飛ばしてるのね。
一瞬だけど妻くんの足かなり上がっててスゴイ。

あにき容赦ねぇなー(笑。


この一連のバトルシーン観てるとね、
ほんと塩田さん全部自分で撮りたかったんだなってすごく感じます^^;



◆金小僧の間のメルフォにコメントくださいました御方、
 アチラにてお返事させていただきました。
 恐れ入りますが地下深くまでお運びくださいませ^^
 ありがとうございましたv
1f98cb0f.jpeg

「ああ。あんま夢見てっとロクなことねぇからな。
 人にはそれぞれ歩いてく道ってもんがあるだろ。
 俺には俺の、あいつにはあいつの。」


国境の丘での顛末のあと、
百鬼との決別を決意してひとり醍醐の街を出て行こうとするどろろと
見透かして尚、流るるに任せる如き、飄々とした法師とのやりとり。




地上波放映でこのシーンが削られてたことには
ひと言物申す、という方が多かったみたいですよね。

うん、ワタシも思った、、、これはないよ-_-;

このシーンあってこそ、
ばんもんでの
「遅ぇぞ、どろろ」というあにきと
そしてどろろの涙がいきてくるんだもんなぁ。

鑑賞会絵チャでも悲鳴が上がりましたもんねー^^;

地上波で初めてご覧になって、
ちょっと興味が沸いた、というお方がもしココ見てくださってたらば。
是非にノーカットでご覧くだされ。
ほんと、もったいないですから。


つーか!
主役のふたりのシーンを削るわけにもイカンから
どうしてもまず脇キャラのシーンから削らざるを得ないというのは
大人の事情としてわからんではないのですが
おっさんラブのワタシとしては
琵琶のおっさんと景パパのシーン削っちゃイヤン;_;

ところで火袋とーちゃんの死に様は
某様曰く「微妙に誤魔化してた」ですが
やっぱ頭貫通とかがヤバかったんでしょうかの^^;



◆「続きを読む」にてひと言メルフォのお返事をさせていただきました。
 励みになります、ありがとうございますーv
eiga85.jpg

「何に…見える? お前には…俺は何に見える…?」


無表情で目玉抉り出すあにきが怖いというより哀しいシーンですな。

しかしこのあとのCGはもっと頑張って欲しかったぜ^^;
腕つなぐシーンなんかよくできてるのにねぇ。
eiga84.jpg

「闇に棲む者どもよ、貴様らは何を望む。
 欲しいものはなんだ。それを貴様らにやろう。
 その代わり、この醍醐景光に、怨敵を倒す力を。
 いや…天下を…天下を与えぃ!」



地上波放映でコレすっとんでたのは痛かった。。

一番最初の死屍累々の荒野のシーンは
まあ仕方ないとしても
冒頭の地獄堂はそもそもの物語の発端なのだし
そのへんの事情はあとで回想で入れればいいってもんじゃないと思うんだ^^;

「我が子の身体四十八箇所、貴様らで分けるがいい!」

っていう衝撃的なセリフはやっぱり冒頭で入れて欲しかった。


貴一さん好きのワタシとしては
もったいなくてしょぼーん、だったさ。


それにしても似てねぇな(笑。
cac3c6ee.jpeg

「誰からも何にも言われねぇ身体になってよ、
 あのクソども見返してやれ!」



すんごい雑ですみませんが
時間と根気がなくてね^^;

でも好きなシーンとか
地上波放映で飛ばされたシーンとか
描いていきたいのだ。

しばらくどろろ熱吐き出さないと
他のことできそうにない^^;




戦渦に怯え、貧困に喘ぐ村から理不尽に追われる百鬼丸。
この一連のシーンのどろろに
百鬼も観ている側も救われる想いですよね。

ほとんど表情に変化がないながらも
微妙に怪訝そうな顔をするあにき。

そして
「この名前は返しゃしねぇよ!」
というどろろの言葉に
初めて笑顔らしい笑顔を見せるのがよいです^^


観ていてコウどろに惚れこんだ場面でしたv


王道の脚本が泣かせる。


◆「続きを読む」にてひと言メルフォのお返事をさせていただきました。
 いつもありがとうございますーv
Calendar
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Coments
[01/20 Esuko]
[01/20 Esuko]
[01/20 Esuko]
[01/12 管理人p]
[12/25 Esuko]
Track back
Profile
HN:
pochi
性別:
女性
ブログ内検索
Analysis
"pochi" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]