忍者ブログ
pochiの雑記帖です。思いつきで書いたり書かなかったり。
2019-041 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 03 next 05
1  2  3  4  5  6 
幸せED後妄想に逃避して百どろ漫画を描いています。
ゲロ甘微エロなヤツ。





次のページは隠す。



PR
  

何年も「あれよかったね」って
皆が懐かしむようなラストだといい。


16日追記:
午後になってやっとアマプラ観られましたね^^

線画でもういいやってなっちゃって色塗れないの続いてる。




今日いただいた書き込みに
正直なところかなり打ちのめされました。
長くブログをやっていますので
過去理由もなく「死ね」と暴言をいただいたこともありましたが
それよりも辛いことでした。

涙腺が弱いとはいえ
逆境に対しては鬼メンタルな自覚を持っていたのですが
そうではなかった。

長く私のブログをご覧いただいていた方ならば
私の書く感想が
かわいい~素敵~になるはずもなく
また、先の書き込みに対してああいったお返事をするしかない私の気持ちを
察してくださるのでは、と思っていたことが
私の浅はかな幻想であったことがよくわかりましたので
これまでのような情熱をもって、
なけなしの時間を割き、愛をそそいで長い感想を書くことが
できなくなってしまいました。

どうしてみな、自分と違う他者を受け入れることができないのだろう。

今回その色は薄められているようですが
「どろろ」に描かれる真実のひとつはまさにそこだと私は思っています。

単発で視聴後に感じたことを書くことは今後もすると思いますが
これまでのようにはもう書けません。



名無しのためお返事は不要、という皮肉に対して
私はどうお答えすればいいのかずっと考えていましたが
この場でお返事させていただきます。



一見理性的で思慮深く思えるような言葉で飾り
これは押しつけであるとか
勝手に悲しくなっているだけとか
ご自身を擁護しながら
私がただあなたの思うような反応をしなかったことで
あなたは私の人格を否定したのです。











百どろ百どろろ言ってて矛盾してるようで申し訳ないんだけど
公式ではまずは心触れ合うあにきとどろろを見たいんだ。

ガッチリなくてはならない相手として心がつながってて、
その先に恋情があったらいいなって
そういうのが好きなんだ。

どろろを神格化してほしいわけじゃないし
母親みたいにあにきの世話係になって
顔色うかがうみたいに
置いて行かれるの怖いだけみたいに
気を使い過ぎるどろろはもう見たくないんだ。

第2話のふたりのほうがまだ心が近かったみたいで寂しい。
万代の村を出て、
おっかちゃんに似ていた、と沈んでるどろろの頬を包んだあにきは
閉ざされた世界にいたかもしれないけど
あんなに情にあふれて心豊かな子だったもの。
色々あって心が裂かれるようなんだって、それはわかるんだけど
それならそれで喧嘩でもすればいいじゃん。
それでどろろがついに怒ればいいじゃん。

ついにどろろにそっぽ向かれて慌てればいいんだよ。
白面不動で、あにきのほうから離れようとしないのなら
そういう展開のほうがよかったな。

それでどろろのピンチに必死で心配して助けに行けばいい。

あにきにどろろを心配してほしい。
思いやってほしい。

そろそろそういうの見たい。

温泉で抱きつく百どろより
そういうの見たかった。


どろろ12話「ばんもんの巻・下」の感想、後篇です。

いくらなんでも長すぎだとは思うんだけど
削れないんですよ今度ばかりは…



続きを読むからどうぞ。
1クール目のクライマックスでしたが
予想をはるかに超えて「重てぇ食いもん」だった。。

醍醐夫婦が毒親過ぎて絶句する。

ママ上も多宝丸ももう少し悩も?






Calendar
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 3 4 5 6
8 9 10 12
14 16 17 18 19 20
21 23 25 26 27
28 29 30
Coments
[04/22 pochi(管理人)]
[04/20 へびよ]
[04/16 pochi(管理人)]
[04/16 pochi(管理人)]
[04/16 pochi(管理人)]
Track back
Profile
HN:
pochi
性別:
女性
ブログ内検索
Analysis
"pochi" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]