忍者ブログ
pochiの雑記帖です。思いつきで書いたり書かなかったり。
2020-021 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 prev 01 next 03
942  941  940  939  938  937  936  935  934  933  932 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どろろはいつ知るんだろうとか考えていましたら
ツィでめちゃめちゃ素敵すぎる3コマを描かれている方がいらして
前々からすごく好きな二次作家さんだったので
~~~~~~vvvvvvってなって
もうどうかなりそうなんですが
ツィやってる方は
こういうときスマートにリツイートするんだよなぁと思ったけど
自分ロム専だし
ココに勝手に貼るわけにもいかないのが残念です。


いや、どろろ好きさんは
今みんな似たようなこと考えてるんだよなぁと
ツィ追ってるとほんとにそう思うのですが
新アニメではあにきが言語を解していないので
リアルな話、
そもそも寿海パパが百鬼丸と名づけているかどうかすら
不明になってきました。

もし名づけていたとしても
あにきにとっては名前で呼ばれても無意味だし、
やはり「倅」が妥当という気がする。

我が子、という情の表れとしての自分への呼びかけをされた、
というイメージしかもってないかも知れない。
要するに、
あにき本人に「自分の名前」という概念がないかもしんない。

映画版みたいに、
もしかしたら仕込み刀の銘、という線もありかも。

そしておそらくどろろは文字が読めない可能性も高いので
琵琶法師あたりが(この人も目見えないけど)
あにきが五感のいくつかを取り戻したのちに
刀の銘を知ったかして仮にそう呼ぶのかも、、
とか想像してしまった。
それでどろろもそう認識するというか。

まあ、どろろは最初からずっとあにきって呼んでればいいんだけど^^



しかしそんな想像をしていると
みおと過去に出会っていた場合、
みおの名前すら知らずに失ってしまったのかと思って
ずんとオチてしまった。。

他者を炎のような光で認識しているというから、
みおを殺した侍たちの、
きっと魑魅魍魎と変わらなかったろう赤黒い魂の色を感じて
みおや子供たちの「光」を食らった存在として
人間だったという認識すらもたずに殺戮していたのかもしれないなぁとか、
後になってあれも人だったのかと愕然とするあにきとか
なんか可哀そうすぎて
どろろお願い百鬼丸を救ってあげて。


んん。
みおの件は誰がどう語るの??

するとやっぱり出会うのはどろろと会ってから??

もういろいろ謎が謎呼んでパンク寸前。

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
Calendar
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Coments
[06/29 pochi(管理人)]
[06/29 おねね]
[06/29 pochi(管理人)]
[06/28 のり]
[06/27 pochi(管理人)]
Track back
Profile
HN:
pochi
性別:
女性
ブログ内検索
Analysis
"pochi" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]