忍者ブログ
pochiの雑記帖です。思いつきで書いたり書かなかったり。
2020-021 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 prev 01 next 03
273  272  271  270  269  268  267  266  265  264  263 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「どろろ」の塩田監督の作品で、コウちゃんが歌手のRUI役で出演している映画、
草ナギ剛くんと竹内結子さん主演の「黄泉がえり」を観ました。

この映画はあれでしょう、さすがにネタバレ厳禁系でしょう(笑。

ワタクシここで映画の感想書く際は
新作でない限り一切ネタバレ配慮とかしていないのですが
このテの映画はやっぱり
ネタバレ読んでしまうと相当観賞時の印象が変わってしまうように思うので
一応隠してみたりいたします^^


どなたかの感想で「シックスセンス系のネタだねー」というようなことを書かれていたのですが
なるほどそういう方面なのかな^^

冒頭いきなりアパートの前のシーンに切り替わったのとか
持っていたはずの封筒の話とかすっかり忘れて観ていて
まんまと騙されたので(笑
終盤で種明かしがあった際は「おお!」と思いましたよー

それとてっきりRUIのほうが蘇ったんだと思ってたので
実はキーボードの彼のほうが死者だったというのも
コレもちょっとした驚きでした。
ステージで彼を振り返るコウちゃんの切ない、縋るような表情が泣けた;_;



これも原作小説があるのですね。
あらすじを読んだ限りでは随分と改変されている様子。
ってかあまりにも違うのでネタを拝借した別のお話といっていい感じですねー


で、本筋と関係ないのですが気になったのは極楽の山本(苦笑。
彼は例の不祥事があって引いてしまってるわけで、
またモノがモノだけにああしてドドンと主役クラスで出ていると痛いですよね^^;
映画の制作サイドとしてはイメージダウンも甚だしいので
ほんとに迷惑な話なんだろうと思ったり^^;

それと剛くん…
この方ワタクシ特に好きということもイヤンということもない俳優さんなのですが
この撮影時の髪型どうにかならんのですか国家公務員に全然見えないよ-_-;
というか好みの問題ではありますが正直カッコ悪…ゲフンゲフン。
異様に白い顔といい肌の荒れといい
髪型の所為で余計に強調された頬のとがり具合や極端な眉のカーブが気になって気になって^^;
このクラスの「アイドル」さんには
超大作とか文芸作品とか権威的な監督の作品でないと
主人公のビジュアルに制作サイドで意見できないのかしら。。。
それとも塩田さん的に「平太はこういうビジュアル」だったのか。
うーん、、、
非常に「貧相」に見えたので残念。剛くんもう少しカッコよく撮れると思うけどねぇ。


というような余計なことが気になってしまってたので
イマイチ入り込んでは観られなかったというのもあるのですが^^;
実は葵は平太が蘇らせていた、という衝撃のネタバラシがなければ
結構淡々と物悲しいだけの平坦な映画になってしまってたと思うなり。

とにかく「優しい、癒しの映画」なんだなー
まったく皆さん素直で優しくて、暗鬱だったり残忍だったりという「負」の部分というのがまるでない映画。
普通に考えると死者が蘇るが結局は失われる、というのは
言わば「二度失う」ということでもあるわけで、
あまりにも残酷で耐え難いようにも思うのですが
今作においてはそもそもの原因であるところの「何か外的な力」の波動が癒しのリズムを醸しており、
不思議と人心を落ち着かせる、ということで救われる、というような設定にしているようですね。
原作もそうなのでしょうか。

愛別離苦の酷なことは強調されておらず、
皆あまりに優しく穏やかなので
個人的には少々の違和感を持たずにはいられない感じ。
ひとり平太だけはやや腑に落ちないというか、納得のいかない部分を抱えているのを
長澤まさみちゃん演じる中学生の彼女のひと言で浄化されてしまうというのも
何かあまりにも綺麗にまとめすぎという気がするのですが
これはあくまで癒しに徹したテーマなのだということならばそれはそれでいいのでしょうか。

あくまでワタシの好みではありますが
やはりRUIのコンサートをクライマックスに持ってきて
連続3曲もコウちゃんに歌わせるほどフィーチャーするなら
謎の力の癒しの波動をRUIの唄にも取り入れているという示唆はあったほうがいいように思うし
ならばRUIの恋人はある程度それを知っていて曲を作ったというようなエピソードが欲しい気もする。
平太と葵の物語と謎めいて冒頭に登場したRUIたちがまったく接点を持たないので
やや消化不良な感じが否めないように思います。

そして葵が死んだ婚約者への想いを乗り越えて平太への想いに気づくあたりが
ちょっと強引な気も^^;
終盤頑ななほど死んだ親友=葵の婚約者を蘇らせようと拘る平太も
とにかく葵に対する贖罪と「嘘はつきたくない」という意地ばかりがあるようで
死んだ親友に対する想いは薄いように見えて
結局蘇らなかった彼のことを思うと何か非常にこの婚約者の彼が気の毒に思えてしまうのですが^^;

田中邦衛の手話一家のエピソードはなかなか泣かせてくれて、
妻がまた去ってしまったあとで
「誰よりも君を愛す」という手話で写真に語りかける先生はとてもよかったですが
彼ら、葵以外の人物の「別れのシーン」が一切なかったのはちょっと物足りなかったかなー

まあ、扱いの難しいテーマなので
こういうふうに綺麗にまとめるしか仕方がないのかもしれないですね。
深くはないだけに残るものでもないので
1回観れば十分、という映画ではあるのだけど^^;

まったく余談なのですが
コウちゃん、というかRUI名義のこの主題歌「月のしずく」、
リアルでヒットしていた頃もちょっと思ったのだけど
メロディはとても美しいのですが歌詞はイマイチ中身がないですね-^^;
和風の、らしく聴こえる綺麗な言葉の羅列に過ぎないというか、
ひたすらメロディの美しさとコウちゃんの声に救われている感じ。

今回コウちゃんのベスト盤の他の曲と並べて改めて思ったですよ。
特にコウちゃんが自分で作詞しているものと比べると
歌詞の世界の薄さが目立ってしまう。

映画を作るならばそういう部分も気を遣って欲しいようにも思うし
多分監督の塩田さんもいろいろな部分が本意でない映画だったようにも思う。
やっぱり「大人の事情」ってヤツはなかなかクリエイターを苦しめてるんだなと感じましたです。
PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
Calendar
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Coments
[06/29 pochi(管理人)]
[06/29 おねね]
[06/29 pochi(管理人)]
[06/28 のり]
[06/27 pochi(管理人)]
Track back
Profile
HN:
pochi
性別:
女性
ブログ内検索
Analysis
"pochi" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]