忍者ブログ
pochiの雑記帖です。思いつきで書いたり書かなかったり。
2020-071 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 06 next 08
978  977  976  975  974  973  972  971  970  969  968 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先行上映会で放映された、
第1話、2話のネタバレ続きです。


繰り返しますが、

私の主観が入っております。

そして、記憶違いもあるかと思います。


その点ご留意いただいて、
続きを読む、からどうぞ^^







この時代、旅は命がけであった、というナレーションが入り、
琵琶丸さんが一歩一歩慎重に山道を歩くシーンが入ります。


そこへ、金小僧登場。

琵琶のおっさんが先に金小僧に会ってるんですね。

「おやおやこれは」

みたいなこと言って、場面は変わります。



ふたりで歩きながら、

あんたの腕は埋もれさせたらもったいない、
それ使って稼ごうぜ、というどろろ。

あんただってまんざらでもないんだろ、
おいらを追っ払わないんだから、みたいなこと言ってた。


そうなのよね、なんでついてくるんだ、とか
消えろ、行っちまえ、とか、
そういうこと言わないんだもんね、今度のあにき^^


百鬼丸がまだある意味「無垢」だからなんでしょうね。

世間を知らない。
ただ、人の世から隔絶した場所で寿海に愛されて育てられた、赤子なんです。

ゲームのあにきも、どろろに出会う前にミオ(ゲームの表記)と出会っていなかったし、
つまりは身近な人を理不尽な暴力で奪われるという
絶望的な怒りを経験をしていなかった。

厭世的になって、人を遠ざけようという気持ちは持っていないんですよね。



どろろはこのあたりで化け物が人を食らう、という話があるから
化け物退治して稼ごう、という。

万代の村に入ると、村人に声をかけられ、
腕の立つ化け物退治の兄ちゃんだと、百鬼丸を売り込む。

それは幸い、と村で歓待されるのですが、
どうも胡散臭いのはアリアリ。どろろも村人もね。

納屋に通されてその夜はそこで寝るのですが、


あ、、、すみません、あにきの手を自分の頬に当てるの、ここだったかも。

記憶曖昧なんです、順序定かでないところ結構あると思いますが許してください。



そこへ金小僧がやってくる。


どろろ、超ビビる。可愛い。もうすごーーーーく可愛かったvvv

でもあにきは、金小僧には害意がないので無反応。

早くやっつけちゃってくれよう、なにやってんだよう、と
必死にあにきの仕込み刀を抜こうとするんですが、
びくともしないのね。

あれ、着脱はあにきの筋肉の動きかなんかなんですね、と
皆さまの見解一致。



翌朝、村人に
「万代様がお会いしたいとおっしゃってます」と
屋敷に連れて行かれる。


どろろ、赤くなって万代にみとれちゃうんですよ。

「私の顔が何か?」と言われて
きれいだなぁと思って、、、なんて言ってる。

原作でも「きれいなおばさん」言うてますけど
エライ反応してんな、と思ったら、
ちゃんとあとで理由がでてきました。


さて金小僧には無反応だったあにきですが、
万代をじっと見ていたかと思うと、
いきなり仕込み刀抜いて斬りかかかろうとする。

村人たちに止められ、捕まったふたりは
井戸のある小屋に閉じ込められてしまう。

あにき、抵抗しようと思えばできたんでしょうけど、
害意のない村人を傷つけるわけにいかないので
きっとあまり暴れなかったんだろう。

なんだこいつ、手が刀だぞ、とかモブに言われてました。

どろろは猫みたいに首根っこつかまれて放り投げられてた。


ところがその小屋には琵琶丸が居りました。

どうやらこの村で旅人が行方知れずになるのはこういうことなんじゃないか、
と琵琶丸。

多分彼も万代の正体を見抜いたのでしょう。

俺たちには目開きにはわからねぇもんが見える、と。

そしてあにきのことは、
おまえさんには会ったことがある、と
人ならざる光を放つ百鬼丸に気づいたようでした。

琵琶丸さん、
万代の色は最悪の赤だ、と言ってました。
 
 
そこへいきなり、禍々しい気配が。
あにきと琵琶丸は気づきます。

そして井戸から万代の手が。

斬りかかり、
そのまま井戸に飛び込んで後を追うあにき。

琵琶丸とどろろも続きますが、

まっくらなので大層ビビって騒ぐどろろ。

頼れる、というか信じられそうな人がいるところだと、
案外年相応の子供みたいな反応をするどろろがほんとに可愛いです。

万代の屋敷に、道が通じていました。

原作ではあにきが止めるのにどろろが潜入してしまうわけですが、
今回あにきとはそういうコミュニケーションがまだ取れないため、
結構はしょられてた感じでした。

そもそも原作だとあにきが色々推理したりして
村人に諭すような感じになりますが、
それもできないので
いろいろ改変してあった印象です。


なんと、村人は万代が化け物だと承知でした。
化け物万代が現れて人を食らうようになったため、
万代に仕える形になり、旅人を騙して万代に生贄として差し出し、
その旅人の持っていた金品を奪っていたのは村人だったのです。
土地もやせて農地もない村が栄えていたのはそういうわけだった、という。

そう、最初に村に入ったときも、
羽振りのよさそうな村、ということに変更されてました。
原作では貧しい村で、化け物が金品や作物を奪っていくたびに
万代様が助けてくださる、って話でしたもんね。

どうも、村人が退治してほしい、とか言ってた化け物というのは
金小僧のことであり、
最初に万代に食わせて路銀をうばったお遍路が化けて出ている、
と思っていたようでした。

お遍路さんだから、金をチリーンと鳴らしている、というわけね。

そんなの化け物以下だ、とどろろが村人に憤っておりました。

(実は不肖私、約10年前に映画版の漫画もどきを描いたときに
こういう設定の村人を描いたことがありまして、
そうだよな、こういうのありそうだよなって思ってました^^;)
 
 
正体を現した万代を追って竹藪バトル。

あにき、結構ぶすぶすやられてたんですが、
血も出てるけど平然としているので
痛覚なさそうです。
 
実際どろろが「痛くないのかよ」って言ってましたので。


夜叉に変化した万代が
貴様はあの、、みたいなこと言ってたので
多分あにきの正体に気づいたんでしょう。

破魔矢とかは割愛されていて、夜叉万代はあっさりあにきにやられてました。


村を後にする3人。

見た目に惑わされて、おいらが間違ってたよ、と、
万代に斬りかかろうとしたあにきをののしったことを謝るどろろ。

見えるやつらは見た目に惑わされて当然だ、と琵琶丸さんがフォロー。

琵琶丸さんいいねぇ。
あにきがしゃべらない分、橋渡しをしてくれてる役割なので
初期からどろろとあにきの仲を取り持ってくれてる感じです。

百どろ界のキューピッドだから。笑。

そこでどろろも気を許したのか、

「似てたんだ、おっかちゃんに」とつぶやく。

するとどろろの沈んだ様子に気づいたようで、
突然あにきがどろろの前に出て、
両手でどろろの顔を包んだんですよ!!!

コレ大事件だから!!!

あにきったらしゃべらなくてもやることやってんじゃねぇかーーーー!!!

びっくりして真っ赤になって
あにきを突き飛ばすどろろ。

いや、どろろの反応はそうだろうとは思うけど。

そこは抱きしめられとけよどろろーーーー!!!


思わず身を乗り出してしまったのですが、

ーーくり返しますが前後左右鈴木拡樹さん押しの方々に囲まれて座ってましたし
マジ鈴木さん劇中でひと言もしゃべってないわけで(笑)
正直鈴木さんありきのファンの方々には「ふーん」くらいだったはずなので
私ひとり身悶えていたのがどう目立っていたのか考えると怖い。


テレまくりのどろろが
この名無しの権兵衛、
なに考えてんだか、通じてるのかもかわんねえや、みたいなことを言ったら
案外伝わってるかもしれんぞ、と琵琶丸さん。

あにき、何か察したのか、
地面に指で、百鬼丸、と書いたのですよ。

PVのアレ、あにき本人が書いていたのでした。

結構細かく相手の感情や要求がわかるんですかね。

言語は理解してない設定だったと思いましたが、
パパ、名前は教えていたんですね。
パパが名づけた以外に考えられないので、それも確定です。

子百の手に手を添えて教えてるシーンとか想像すると
あたたかくも切ないなぁ。。。
今回のパパ大好きだよ私。

当然どろろは読めないので、
琵琶丸になんて読むの、と聞くと、
盲目の琵琶丸が
文字をさわらせてくれ、と言って、読んでくれる。

百鬼丸ってのかぁ、と感心するどろろですが、
まだあにきとも呼んでないのだ。

あにき記念日はいつなんでしょうね、と
盛り上がりましたよ^^

 
 
と、ニヤけているうちに
画面ではあにきが突然目を押さえるようにして悶絶。
一瞬着物透け透けになっちゃって、フンドシ一枚のお姿に。
不意打ちでびっくりした。
ちょっとゲームの奪還ムービーみたいなことになってた。

で、ここで終わってしまったので、
どこを取り戻したかは本放映見ないとわからないんですよ。

いや、目、、ではないよな。

ここで目戻ったらみおちゃんに会う前に見えてることになっちゃうし、
先に喋れるようになっててくれないと

「おまえってそんな顔してたのか、案外可愛いな、もっと小憎らしい顔かと思ったぜ」

が聞けなくなってしまうので
それは避けたい。

んじゃどこが戻ったの、としばし皆さまで論議した結果、

痛覚じゃねぇかと。

どろろが「痛くないのかよ」って言ってましたし、
ムービー的に胴体全体っぽかった、ということで。
 



で、あにきが身体を取り戻したので、
醍醐領ではまた不穏なことに。

同盟関係にあるはずの隣国が、
国境に兵を集めてこちらを攻めるような動きを見せている、
という報告を受ける景光。


これにて先行上映は終了。

恐らく第3話は似蛭だと思われますが、どうでしょうか。








ツィでも書いたのですが、
今回2話分見せていただいて、
ほんとうにどろろを愛するスタッフさんが「新しいどろろ」を作ってくださっている、
というのが感じられて
心から嬉しく、素晴らしいことだと思えました。

例えどんな結末になろうとも、それが哀しいものであったとしても、
愛せる作品になるに違いないと確信しております。

どろろ好きの皆さん、楽しみに待ちましょう。



お付き合い、ありがとうございました^^
PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
まとめありがとうございます!
pochiさんこんにちは! もぐです。
上映会当日はありがとうございました。
どろろ生き字引のようなpochiさんの見解が聞けてほんとうに嬉しかったです
まとめも思い出すのに役立ち、とてもありがたいです
1点だけ、わたしの記憶違いだったら申し訳ないのですが、あにきが地面に「百鬼丸」を書くシーンは、あにきがどろろを励まそうとする(?)激かわシーンのあとだったような気がします(直後に体取り戻すあの全身スケルトンシーンが入るんだった気が……? それこそ記憶違いだったらすみません……たぶん外のシーンだった気が……)

なにはともあれ、詳細なまとめほんとうにありがとうございました!
新アニメの放映が始まったときのpochiさんのご反応が新アニメそのものと併せていまから楽しみです!
もぐ EDIT
at : 2018/12/16(Sun) 14:05:12
もぐさんありがとうございます!
上映会ではほんとうにお世話になり、ありがとうございました!
こんなところまでお越しいただきまして恐縮です~
生き字引!(爆笑
いやいや、ただトシがいってるだけで
乱丁甚だしいと思いますが^^;
こちらこそ、お話しできてほんとうに光栄でした。

で、すみません、
あにきのアレが衝撃過ぎてかなり記憶飛んでるので
自信なかったのですが、
そうですよね、あの文字を書くシーンはそこでしたよね!
ありがとうございます!
訂正いたしました!

また何かアレレ?がございましたら
教えてくださると嬉しいですv

私ももぐさんの感想考察等、楽しみにしております!
管理人pochi EDIT
at : 2018/12/16(Sun) 18:47:38
極上のご感想、ありがとうございます!
pochiさん、こんばんは!

先日はお世話下さり、ありがとうございます!!
また、こんなに事細かな解説とご感想を書いて下さりありがとうございます!!

私のぽんこつな記憶力では「あれー?」なところも詳細に覚えていらして、とにかくすばらしい!です。
「うんうん、そうだった!」と、頷きながら拝読させていただきました。
それから、上映会のアフターの皆様でのお話の片鱗も書かれていらして参加出来ずじまいだった私は大発見で、お伝え下さり嬉しいです!

新アニメのあにき、おっしゃる通り”虚無”ではありませんよね。
2話の後半あたりに向けて徐々に人らしさの片鱗を見せていく仕掛けがたまりませんでした。
彼に添うどろろのかわいいおせっかいぶりも、pochiさんの愛に溢れた目線でのご感想を読ませていただき、新アニメの良さ加減を再認識致しました。

では、また更新楽しみにしています!!
もももりー EDIT
at : 2018/12/17(Mon) 19:56:39
もももりさんありがとうございます!
もももりさんこんばんは!
辺境までいらしてくださいまして恐縮です!
先日はご一緒していただき、ほんとうにありがとうこざいました^^
先行上映をご覧になった方にも、「そうそう、こんなだったよね」って思っていただければ嬉しいなと思っていましたので
共有できてとても嬉しいですvv

あにき、しゃべらなくても心が豊かな子だな、って感じますよね:_:
傷つきながらも外の世界と折り合いをつけていく百鬼丸に、常にどろろが寄り添っていってくれるのが救いですね。
本放映が始まったら、またぜひ皆さまの感想や考察をお聞きしたいです^^
管理人pochi EDIT
at : 2018/12/18(Tue) 05:06:50
Calendar
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Coments
[06/29 pochi(管理人)]
[06/29 おねね]
[06/29 pochi(管理人)]
[06/28 のり]
[06/27 pochi(管理人)]
Track back
Profile
HN:
pochi
性別:
女性
ブログ内検索
Analysis
"pochi" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]