忍者ブログ
pochiの雑記帖です。思いつきで書いたり書かなかったり。
2017-091 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 08 next 10
848  847  846  845  844  843  842  841  840  839  838 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何かと沈む話題が多いのでロクなことが考えつかず
何かに没頭していたい気持ちもありまして
以前からまとめて観たいと思っていた2007年大河の「風林火山」を
第1話から一気に観ています。

本放映のときには、最初のうちは観ていたのですが
当時日曜夜は月曜の仕事の準備が忙しかったので
しばらく観ないでいるうちに話がサッパリ、
誰が誰やら、どっちの味方やら、、になってきてしまって
結局半分以上観損ねてしまったのです。

現在折り返し辺りまで観進んで
丁度これからGackt謙信が表舞台に出てこようというところです。
いやー、やっぱり無双ファンとしては周瑜っぽい印象が(笑。

全体に非常に骨太な、重々しい作りなので
見応えがたっぷりですねー
今風な受けを意識せず、
恐らく当時の価値観に近いイメージで作られた重厚なドラマで
子供の頃に観ていたような、一昔前の大河の雰囲気を醸している気がします。
役者さんがみんなすごく巧いように思います。

亀治郎さんが、晴信が歳を重ねるにつれ
どんどんセリフ回しが舞台っぽくなってきてるのは
やや笑ってしまいますが。
巧いんですが、やっぱり歌舞伎の人は歌舞伎っぽいですね(笑。
つられてる感じ?に他の役者さんも大仰な言い回しになってるので
違和感はないですけれども。

井上靖の原作は大昔に読んだのですが
実のところほとんど忘れてます^^;
もっとも最初の数話はドラマオリジナルですし
他もそのエピソードに副って随分改変されているようなので
あれ、こんなだっけ?、と思うのも道理みたいですが。

脚本の評価も随分高いようですが
確かに面白いです^^

山本勘助に関してはしばらく前まで実在も疑われていたくらいで
史実は謎だらけ、
従ってそのエピソードは、
勘助を含めて回りの人物の逸話も
軍記物に由来したものは真贋が当てにならない話ではあるのですが
辻褄を合わせつつ捏造もしつつ(笑
それなりに壮大に纏め上げている時代ものの脚本というのは
ほんとにスゴイなーと思います。

千葉真一(現在はJJサニー千葉に改名)の板垣信方が
シブくてよいなぁ^^
史実はどうなのかわかりませんが
このドラマでは晩年まで終始カッコよく描かれているので
オイシイ役ですよ。
この頃体調悪かったそうですが、千葉真、迫真の演技。
次の回で死んじゃうんだけど;_;

毎日少しずつ、楽しみに観ております^^
PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Coments
[01/20 Esuko]
[01/20 Esuko]
[01/20 Esuko]
[01/12 管理人p]
[12/25 Esuko]
Track back
Profile
HN:
pochi
性別:
女性
ブログ内検索
Analysis
"pochi" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]