忍者ブログ
pochiの雑記帖です。思いつきで書いたり書かなかったり。
2017-071 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 06 next 08
733  732  731  730  729  728  727  726  725  724  723 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日のゲリラ豪雨はスゴかったー
ついに電車止まっちゃったですもん。
大雨洪水警報も出てたし。

もはや夕立じゃなくてスコールですよね、熱帯の。

今日もタバサの迎え→整形外科でリハビリのコースでしたので
ばっちり雨に遭いましたとも^^;



さて、最近観たDVDの感想をまとめてサラっといくつか。


「Xファイル 真実を求めて」

ドラマ終了から6年後の設定で
そのぶん歳を取ったモルダーとスカリーが登場でしたので
なんとも懐かしくて、そういう意味で感慨深かったです。
TVシリーズはずっとDVD出る度借りて観ていて、
とても好きでしたので^^
脱獄してからひっそりと田舎で暮らすモルダーと
彼をかくまいつつFBIから完全に退いて
カトリック系の病院の医師として働くスカリーのもとに
「モルダーへの告訴を取り下げる」という条件で
FBIが捜査協力を求めてくる、という内容。
捜査官の行方不明事件に
自称霊能者が協力を申し出てくるのですが
ただでさえ胡散臭いうえ
元性犯罪者で神父というこの霊能者をFBIは持て余し、
この手の輩の扱いに慣れていて
且つプロファイリング能力に優れたモルダーに
お鉢が回ってきたわけですね。
モルダーの「6年前の殺人罪」については
FBIもでっちあげを承知の上で
敢えてモルダーの捜索をしないでいたような感じなので
ほとぼりが冷めたところで呼び戻した、みたいな。
お話は正直なところ
TVシリーズのひとつにフツーにありそうな程度で
映画だから特別スケールが大きいとかそんなものではなくて
小さくまとまっていた感じかな。
むしろモルダーが捜査という仕事に情熱を取り戻していく姿と
スカリーの内面の葛藤に重点を置いているように見えたので
確実に年齢を重ねて、より親密になってきたふたりのその後を
淡々と、しんみりと描いていたように思います。
サスペンスやアクションや謎解き、
そういった部分を期待して観てもそんなに意味はないのかも。
シリーズが好きだった人に久しぶりのプレゼント、
という感覚で観るべきものだと思いましたね。
同僚以上、恋人未満という微妙な関係だったふたり、
ラストシーズンの頃には大分接近していた印象でしたけれども
更に年月を経てまるで家族のような絆で結ばれていて
言い尽くせない様々な過去を共有した「大人の恋」とでもいうか、
そういう雰囲気がなんともよかったです^^



「G.I.ジョー」

いやこれはもう、予想どおりのノーテンキ映画でした。
よく存じないのですがコレアメコミですよね、絶対そうですよね。
それもあんまり大人向けじゃないヤツ(笑。
正義の味方、多国籍の秘密の武装団体なわけですが
それで名前がG.I.ジョーなあたりから
もうアメコミ以外在り得ないもんな(笑。
CGを駆使したハイテク武器で
スピード感溢れるドンパチやってるあたりは
「トランスフォーマー」に近い感覚で
脚本がラリホーな感じもまるで双子のようだ。
「20年前の東京」と称して「間違った日本」が登場するのだが
日本の寺で修行をした、どう見ても少林寺拳法を使う忍者の役を
イ・ビョンホンが演ってる。
名前が「ストームシャドウ」笑。
イ・ビョンホン的には本意だったのだろうか。
しかも無駄に服が破けて露出シーンがある。
仕事選べばいいのに、と思ったが
「ハムナプトラ」と制作が同じかなんかで
ブレンダン・フレイザーとかイムホテップ役の俳優さんとかが
チラリと出演していたりして
ようするにお祭り感覚で作っている映画のようですね。
話題にはなるから出といて損はないと踏んだか(笑。
ラスト近くで黒幕キャラが鉄火面被って
「私をコマンドーと呼べ」とか言い出したときには
爆笑してしまった。
いかにも続編作る気満々な終わり方だったのですが
やっぱりもう制作決定しているそうです。
お笑い目指している人は
ツッコミ入れる練習に見るといいかも知れません(笑。



「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」

ぽぽじが小学生のとき原作小説を好きで
観たいと言っていたので借りて来ました。
うーん、、、
やはりこの手合いはどうしてもハリポタの亜流と見られてしまうし
逆にハリポタが無ければ
今ほど盛り上がってもいないジャンルの映画なのかも知れない。
原作を好きなお子さまには実写化されるだけで楽しい、
という部分もあると思うのですが
ファンタジー映画として正直これと言って目新しい点もないし
カッコイイかというと微妙だし
退屈な映画だったかも^^;
原作はアメリカで随分人気があるようで
映画の続編も決まっているらしいですが
映画は原作とかなり相違点があるらしく
賛否両論なのだとか。
低年齢向き。
ファミリー映画としては一定の興行になるのかも。




◆「続きを読む」にてひと言メルフォのお返事をさせていただきました。
 ありがとうございます^^

>27日 15:36 Kさん

Kさんこんばんは^^
お節介で恐縮ですがご理解いただけてよかったです、
わざわざありがとうございました。
サイトのほう、頑張ってくださいね^^

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
Calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Coments
[01/20 Esuko]
[01/20 Esuko]
[01/20 Esuko]
[01/12 管理人p]
[12/25 Esuko]
Track back
Profile
HN:
pochi
性別:
女性
ブログ内検索
Analysis
"pochi" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]