忍者ブログ
pochiの雑記帖です。思いつきで書いたり書かなかったり。
2017-051 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 04 next 06
724  723  722  721  720  719  718  717  716  715  714 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何シリーズ化してるんだって話ですが^^;
今年もやっぱり視えてしまったので
自分の覚書的な意味もあって記しておきますー

うっかり覗いてくださったはじめましてさまに
解説じみたことを申しますと
ワタシは普段は至って普通、、、
いや、ちょっと、ことによると、というか
モノによるとやや様子がオカシイところもございますが(笑
一応普通のオトナなのですけれども
どういうわけか物心ついて以来
年に2回、7月初旬頃と11月初旬頃になりますと
まるでその時期だけ周波数が合うみたいな感じで
妙なものを視てしまう、、、ような気がする、というか
そんな感じの出来事に遭遇するようなのです^^;

やっぱり心霊現象…というヤツなのかなぁ…?
とりたててそういうものに詳しくも、傾倒しているわけでもないですし
証になるようなものがあるわけでもないので
ただあるがままに受け入れるしかないなという達観でもって
これまで過ごしてきているのですが。

触れたり、声を聞いたり、というようなことはなかったですし
ほとんどの場合直接的なことがあったわけではないので
基本スルー姿勢なのですが
しかし今年はちょっと…^^;

すごくイヤな感じ、というのかな。
そういう話になってしまいました。

続きは↓にて。






毎年そうなのですが
今年も6月の終わりから偏頭痛が起こりまして
ああ来たな、と思っておりました。

この時期は体調を崩すことが多くて、
子供の頃は毎年高熱を出してました。
幼稚園のときのことははっきりとは覚えてないんですが
小学校では6年間中で実に5年、
毎年どうしてだか7月7日は高熱で学校を休んでいたのです。
5年生のときに通信簿をもらう際、
先生が不思議がって、指摘された記憶があります。
別にズル休みしているわけではないのですが
ちょっと不審に思われたんでしょうかね^^;

オトナになってからは高熱は減りましたが
それでも7日前後は微熱があることが多く
強い痛みではないんですが
10日から2週間くらいずっと鈍い頭痛が続くのですよ^^;

バテる時期なのでちょっとシンドイですね-_-;


さて、今年もそういう中で6月29日の夜、
子供と食事をしたあと立ってテーブルを片つけようとしていたとき、
ふと玄関につづく廊下に誰か立っているのが目の端に映りまして。

最初はてっきり旦那が帰って来たんだと思ったんですね。
ウチは玄関からまっすくリビングダイニングに廊下が伸びていて、
リビングの入り口のドアが開いていたので
玄関に旦那が帰って来ればすぐに見えるわけです。

でも一瞬だけ、あれ、と思ったんです。
玄関ドアが開いた音がしなかったのに、
いつの間に廊下の真ん中くらいまで来たんだろう、と。

それでもお帰り、と言おうと思って
首をそちらに向けたところ……旦那じゃなかった^^;

大柄な、肉付きのよい感じの、
柔道着に袴をつけたような服装の男の人が立ってました。

顔はよくわからなかったのですが、
じっとこちらを見てる、というか睨んでいるような気がしたので
とっさに「ああ、やだ」と思ったんです。
それで目をすぐにそらしました。

多分ワタシの顔が強張ったのだと思います、
タバサが不思議そうな顔をしたので
なんでもないよ、と首を振り、
それからもう一度見てみたらもういなかった。

視えていたのはほんの1秒くらいの間だったと思いますが
ちょっとゾッとしてしまった。

というのは、あんまりこういうケースはないんです、
「向こう」がワタシに気づいている、というようなことというのは。

以前のエレベータの男の子のようなのはかなり例外で
大抵の場合、ただ視えるだけ…そこに居るように視えるだけ、で、
こちらを認識しているふうはあまりなかったんですね。

まして、エレベータの彼はいわば「好意的」だったし。
こういう、「イヤな感じ」というのはこれまでなかったように思います。

この「イヤな感じ」のために、
いつもは冗談めかしてコドモに話したりもするのですが
さすがに言う気になれなかった。
というのも、廊下の、それが立っていた場所というのが
丁度タバサの部屋の真ん前だったのです。

タバサが学校で骨折したのはその翌日、30日でした。

偶然と言えばそれまでのことでしかないのですが
正直なところちょっと怖くなってしまった-_-;


実はタバサの骨折がですね、
ちょっと不可解なんですよ。
原因がね、よくわからない。

バドミントンのプレイ中ではあったんですが、
走ってて転んだというわけではなくて、
プレイを中断して、落ちたシャトルを取りに歩いている途中で
ほんとになんにもないところで滑って転んだんです。

汗で滑ったんだろう、と本人も言ってはいますが
通常そのくらいでタバサくらいの年齢の骨密度のしっかりした男子が骨折って
ちょっと稀なんですよね^^;

ヤツは体重が重いですから、軽い人が転ぶのとでは加重が違うので
無理もないっていやないんですけれどもね^^;

でも体育館専用の、学校指定のスニーカーを履いていたのに
転んだとき体育館の床から靴の底がぴったりと吸い付いたみたいに離れなかった、
それで後ろに転んだので脛の横の骨が割れたらしいのですが
…そんなことってあるんだろうか-_-;

骨もですね、ほとんど縦に割れたみたいに
かなり長く斜めに折れてるんですよ。


善意なるものの「警告」であったのか、
あるいは何か余計なものが憑いた、的なことなのか、
まさかねーと思いつつもさすがに考え込んでしまいましたね^^;

「イヤな感じ」はしばらくの間消えず、頭痛も依然続いていました。
更に7月7日頃になると
朝起きたら左半身が異様に重く感じるようになっていて参りましたわ^^;

寝違えたのかな、と思ったんですが
ちょうど重たいものがのしかかっていて肩が巧く回せないみたいな感じなんです。
痛い、というより重い。

そしてその翌日頃だった思いますが
夕方出かけようとすると
玄関の明り取りの小窓(取っ手回転式でガラスが斜めに開くがはめ殺し)に
突然バン!と黒くて小さい手形が押し付けるように現れたりも。

その窓の向こうは通路じゃなくて絶壁、ウチは4階です^^;


何かもう、、、どうしたんだろって感じでしたので
ひたすら早く時期が過ぎてくれと祈るばかりでしたですよ-_-;

10日を過ぎたあたりから「イヤな感じ」は薄れてきて、
13日にはすっかり、肩も重たくなくなったんですが。


「感じなくなった」ので影響を受けなくなったのか
「感じなくなった」だけでまだそこに居るのか、
そのあたりが気になるところです……

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
すごいですね・・・。


すごいですね・・・。
私はぜんぜんそんな経験ないんで、よく分からないんですけど・・・。
でも、そういう能力がある方って、皆さん落ち着いてらっしゃるからすごいなあって思います。

タバサさん、お大事になさってください。

Alice URL EDIT
at : 2010/07/27(Tue) 19:46:10
またこの時期なんですね(汗)
おひさしぶりです。
まずはタバサくんお大事に…!本当に。

で。
こういう事って、関連付けはあまりしない方がいいとは思うのですが、これだけ長い間決まった時期に起こるという状況を鑑みて、やはり無関係ではないと思います。どの程度関係しているかは別として。

昔ならば、ほん怖の心霊質問箱へ相談を持ちかけてみたら…と言う所なんですが…。
つい先ほどふと気になってネサフしてみたら、「本物っぽいなこの人」と思ってた霊能者さん(T尾さん。一応伏字にしてみました)に関して、なんだか雲行きの怪しい事になってたりなってなかったり…。
まぁネットの世界は真偽いりみだれて判別つきかねますが、それでもちょっぴりがっかりしてみたり(汗)

お役にたてなくてすみません…。
信頼できる、そういう方面に明るいお知り合いがいらっしゃればいいんですけどね…。

とにもかくにも、現在は復活の兆しがみえてらっしゃるようなので安堵しました。
まだ暑い日も続きますし、しっかり養生なさってくださいまし!
室生 EDIT
at : 2010/07/28(Wed) 03:34:01
ご心配ありがとうございます;_;
>Aliceさん

こんばんは~いらっしゃいませ^^
怪しげな話をお聞かせしまして…^^;
ややや、能力ってわけではないんですよ、
何をどうできるわけでもないですから~
あまり気にしないほうがいいとよく言いますので
関わらないようにしているつもりなのですが
どうも近年めぐり合わせがよくないのか
ちょっと「距離が近く」なってるようで
少々気になっておりますの^^;
この期間でなければほんとに何も感じないしケロリ、なんですけれどもね。
タバサのご心配、ありがとうございます。
Aliceさん優しいなぁ;_;
中学最後の夏、いろいろ大変だと思いますが
楽しくお過ごしくださいませ^^



>室生さん

タバサの件も含めて
ご心配いただいてしまってすみません、
またこの時期はこのテの話でございますのよ^^;
気にして関わっていくのは宜しくない、とよく聞きますので
スルーを心がけてきたのですが
なんかどうもですね、ヤな感じで参りました-_-;
このところウチでも親族間でもちょっと災難が重なっていないでもないので…
まあ、災難てのは気の持ちようで自ら呼び込んでいる、ということもあるとも思っていますので
キモチがしっかりしてればヘンなモノの影響なんて受けないで済む、、、のだといいのですが(笑。
今現在は妙な感じほんとにさっぱりありませんので
大丈夫なのかな、と思ってます、
ほんとにご心配ありがとうございます;_;
また11月がちょっと怖い気もしますけれども^^;
T尾さん…というと、ああ、R子さんですね^^;
ああいう力は、どうなんでしょうね~
ワタシのワケのわからない「視える」状態とはまた異質な気がしますので
真贋ってよくわからないのですが。。
でもどうにかできる人がいるのなら
それはそれでスゴイことだなって思いますよね!
室生さんもお暑い中ご自愛くださいませ^^
管理人p EDIT
at : 2010/07/29(Thu) 20:08:19
TRACKBACK URL 
Calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Coments
[01/20 Esuko]
[01/20 Esuko]
[01/20 Esuko]
[01/12 管理人p]
[12/25 Esuko]
Track back
Profile
HN:
pochi
性別:
女性
ブログ内検索
Analysis
"pochi" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]