忍者ブログ
pochiの雑記帖です。思いつきで書いたり書かなかったり。
2017-091 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 08 next 10
892  891  890  889  888  887  886  885  884  883  882 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

変なものが視えたりする話です。

興味のある方は「続きを読む」からドゾ^^




ここ半年くらい、あまりおかしなことはなかったのですよ。

小さい頃からずっとそうだった、
7月頃と11月頃、という時期の限定も、おととしの秋くらいから曖昧になっていたのですが、
春先からはほとんど変なもの視なくなっていまして。

思うに、タバサ(長男。京都在住の大学生)が一人暮らしを始めてウチを離れてから
波長が弱くなったような感じだった・・・のでしょうか。


タバサはちょっといわくつきだったりします^^;

タバサが中学生のとき、とある戦没者ゆかりの場所に学
校の社会科見学で行ったのです。

そのとき先生に
「館内では私語は禁止。しゃべらないように」
と言われたので
友達もタバサも一切しゃべらずに中に入ったらしいのですが
誰もひと言も話していないのにヒソヒソとあちこちで話し声がしたのだそうで、
おかしいなーと思っていたら
ふいにはっきりとタバサに向けて誰かが

「おかえり」

と言ったのだとか。

その後なんだか頭が痛くなってきて、
ヒソヒソ声はずっと聞こえていたし
気味が悪かった、と帰ってきて話してくれました。

実はタバサがお腹にいるとき
ワタシはその同じ場所を訪れたことがあるのですが、
そのときワタシも急に頭痛がしてきて気分が悪くなり、
結局館内に入れなかった、ということがありました。

胎児のときから何か関係のある場所だった、、とでも言うのか^^;


それから以前何度かここで書いたことのある
ウチのマンションのエレベーターの男の子なのですが、

どうもタバサのほうがワタシより気に入られていたみたいで
ワタシより頻繁に
「勝手にドアが開く」現象が起きていたようです。

その現象がですね、タバサがいなくなってから起きなくなっちゃったんですよ。

買い物帰り、
手がふさがっているときにエレベーターが勝手に開いてくれなくなったので
ちょっと不便になりました(笑。

まさか京都までついてっちゃったりはしてないと思うのですが
(タバサのアパートエレベーターないし^^;)
お気に入りのお兄ちゃんがいなくなったので飽きてしまったのかも知れません。。



というような感じで
春から「視える件」に関しては割と平穏な日々を送っていたのですが
最近復活してきてしまった・・・ような気がします。

つい3日ほど前、
ぽぽじを朝起こしたのですな。

寝起きの悪い子で、1回や2回声をかけても起きやしないので
その後2回ほど部屋を覗いて声をかけたのですが
3回目にぽぽじの部屋へ行こうとしたら
リビングと廊下を隔てるドアの向こうに人影が。

木枠の、曇りガラスのはまったドアなので
向こうがやや見えるので
明らかに誰か立っているとかいうのはわかるわけなのです。

ドアノブに手をやって開けようとしているように見えました。


まあ、フツーぽぽじが起きたんだと思うじゃないですか。

「起きたのー?」と声をかけつつ
迎え入れるべくドアを開けたのですが、

誰もいない。

ぽぽじの部屋の前まで行って覗いてみると
まだ布団を被って熟睡中でした^^;

うーーーーん、誰?



それからこれは「視える」のとちょっと違うかなと思うのですが
先月から同じ夢を3回見ています。

その内容がちょっと、、
というかかなり不気味なので
目が覚めた時の精神的ショックが半端じゃないのです-_-;


夢の中でワタシはウチの車を運転しているのですが
突然猛烈に眠くなって運転を続けられなくなり、
車を止めてちょっと寝ようと思うわけですね。

そしてどういうわけか、
わざわざ後部座席に移って仮眠を取るのです。

すると誰かが車のドアを開ける気配で目が覚める。

中から鍵をかけてあるので
合鍵を持っている旦那以外不可能だし
出かけ先の路肩なのでそれもとても不自然なため
当然あれ、と思うじゃないですか。
半ば朦朧としたまま半身を起してみていると

その人は・・・30代後半くらいの女性なのですが
明らかに自分の鍵で車の助手席のドアを開け、
抱きかかえていた幼稚園児くらいの男の子(寝ている?)を
助手席に座らせ、
自分は回り込んで運転席に座ったのです。

そしてなんと、鍵を回してエンジンがかかってしまう。

ワタシはさすがにギョッとして身を乗り出し、
ちょっと怖かったので恐る恐る

「あの、車お間違いじゃないですか?」

と聞くのですが
その女性はワタシを振り向き、
思い詰めて緊迫した様子で

「帰らなきゃならないんです」

と言う。

「コレ、ウチの車ですよねぇ?
 おかしいなぁ、なんでその鍵でエンジンかかっちゃったんですかね?」

と相手のどこか不気味な雰囲気に気おされて
ワタシはまたおどおどと尋ねるのですが
彼女はやはり

「帰らなきゃならないんです」

と繰り返すのみなのです。

夢の中でワタシはひどく悪寒を感じてきて
ものすごく嫌な予感がしてくる。

そして助手席でじっと動かない子供を覗き込んでみると、、、

目を見開いたまま、息をしてないんですよ。

えっと思って母親のほうを見ると、
彼女はじっとワタシを見ている。



いつもそこで目が覚めるのですが
その女性の顔をはっきりと覚えているのがまたイヤで^^;

多分街中なんかで似た人でも見かけたらビビるだろうなと思うくらい。


よくよく思い出してみると、
夢の中の街って、夢特有の、いつも同じ風景だったりしませんか。

現実には行ったことのない、知らない場所なんですが、
夢ではくり返し出てくる駅、というのがワタシはあるんです。

まったく違う夢を見ても、
背景はその駅につながっていたりすることが
よくあります。

その駅前の道なんですよ、その場所。


リアルに存在している場所だったりしたら・・・

ちょっと怖いですね^^;


PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
無題
はじめまして。百どろのお話読みました。感動しました!イラストも本当に素敵です。夢で透視?できるなんてすごいですね!何か能力があるんですかね。息子さんもすごい。不気味な夢ですが、何かあるんですかね?とても興味深い話でした。
またイラストなどを見に訪れます!
すいか EDIT
at : 2013/03/21(Thu) 02:17:58
すいかさんはじめまして^^
いらっしゃいませ^^
ここしばらくオフが多忙なため
オチっぱなしのこんな辺境まで
ほんとにご来訪ありがとうございます^^
百どろで来ていただいたのでしょうか、
絵も文も見てくださって、
お褒めいただきまして恐縮です、ありがとうございますー>_<
百どろにはとても思い入れが深いので
同じ百どろ好きさんにお声かけていただいて
とてもうれしいです~!

視える話のほうも読んでくださったのですね。
いや、なにかの役に立つようなものでもなんでもないのですが^^;
でも今は長男が近くにいないせいか
前ほど視なくなりましたのです。
ヤツは京都でときどき怖い思いをしているようですが(笑。

次男の受験がようやく終わって
もう少ししたらいろいろ落ち着きそうですので
またこちらも回せるかなーと思っております。
ご縁がございましたら
また覗いてみてくださいませ^^
ありがとうございました!
管理人p EDIT
at : 2013/03/24(Sun) 22:56:16
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Coments
[01/20 Esuko]
[01/20 Esuko]
[01/20 Esuko]
[01/12 管理人p]
[12/25 Esuko]
Track back
Profile
HN:
pochi
性別:
女性
ブログ内検索
Analysis
"pochi" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]